2019年度第1回ロボット検定For EV3が実施されました。(4/21開催)

2019年度の第1回ロボット検定For EV3試験が2019年4月21日(日)に開催されました。
北海道、宮城、茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、兵庫、奈良、広島、福岡、熊本、大分、鹿児島、沖縄のロボット検定認定会場で571名の小中高生が受験しました。

試験の様子①

試験の様子②

試験時間3級、準2級は60分、2級、準1級は90分。知識問題20点、実技問題80点(組立て40点、プログラミング40点)が出題されました。100点満点中70点以上で合格となります。 結果は以下の通りです。

平均点(100点満点) 合格率
3級 75.1 71.1%
準2級 69.3 50.3%
2級 62.9 48.1%
準1級 40.0 16.7%

今回は準2級で例年よりも低い合格率となりました。 組み立て書で示されたロボットの進行方向を確認できていないことが原因でプログラムの問題をすべて間違えてしまった受験生が多くみられました。 前進=モーター順回転(⇑)と覚えてしまっているようですが、モーター設置の向きにより順回転でも後進することを確認した頂きたい所です。 2級の変数を扱う問題の正解率は上昇していますが、変数そのものの理解と変数アイコンの使い方に関しては継続した学習が必要です。 準1級では知識問題で得点出来ていない傾向が見受けられました。

受験後の復習のために期間限定で、今回の検定の問題と解答をアップいたします。
以下からご参照ください。2019年7月末日までの掲載となります。

3級問題・解答

準2級問題・解答

2級問題・解答

準1級問題・解答