新型コロナウィルスへの感染予防対策について(更新)

ロボット技術検定機構は、新型コロナウィルスへの感染拡大・感染予防対策を取り、ロボット検定を開催して参りましたが、2023年度の検定試験より、試験当日のマスクの着用につきましては、3月13日以降の政府の方針に従い、「受験者個人の判断に委ねる」ことといたします。 なお、試験監督、運営スタッフはマスクを着用し、会場内での感染防止対策を継続いたします。受験者の皆様には、引き続き下記に示す感染防止対策へのご協力をお願いいたします。 【参考】マスクの着用について(厚生労働省)

検定会場で行う感染予防対策 ・試験監督、試験スタッフはマスク着用・手洗いを実施し、衛生管理を徹底します。 ・試験監督、試験スタッフにはヘルスチェックをおこなわせ、健康状態に問題がないことを確認いたします。検定当日出勤前の検温の結果、37.5度以上の熱があるときは勤務いたしません。 ・会場入口に設置するアルコール消毒剤で、手指の消毒をしていただきます。 ・感染防止のため、受験者間の座席間隔を確保して実施いたします。 ・試験会場内では、窓や扉の開放、換気扇の使用により換気を行います。 ・会場内で受験者が触れるが場所等を中心に消毒液等を用いた消毒を行います。 ・保護者の控室の設置はございません。 ※試験中に激しい咳が続くなどの症状が出て、他の受験者様への影響が懸念される場合は、試験監督の判断により個別に「退出」を指示させていただく場合があります。

試験会場にお越しになる受験者・保護者様へのお願い ・試験当日の来場前に検温し、以下の項目に1つ以上当てはまる場合は受験をお控えいただきますようお願いいたします。 □現在新型コロナウィルス感染症の陽性者である □濃厚接触者の疑いがある、または健康観察の対象である □当日ご自宅で体温を計測し、37.5度以上の場合 □強い倦怠感や息苦しさを感じる、咳が止まらないなど当日具合が悪い場合

マスクの着用については、政府の方針に従い、「受験者個人の判断に委ねる」ことといたします。 ・会場入室時に消毒液で手の殺菌を行ってください。 ・飛沫飛散防止のため、受験会場での必要外の私語はご遠慮ください。 ・感染防止の観点で、以下の持ち込みを許可いたします。 アルコールティッシュ、ビニール手袋(透明) ・保護者の皆さまの会場への入室・待機はご遠慮ください。

キャンセルポリシー ※上記のヘルスチェックに該当することから受験を断念する場合はキャンセルを承ります。 ・検定当日のキャンセルの場合 ⇒受験料返金なし ・検定実施日の前日~3日前までにキャンセルのお申し出があった場合 ⇒受験料の50%を返金 ・検定実施日の4日前までにキャンセルのお申し出があった場合 ⇒受験料の全額を返金