ロボット検定「準会場」の募集

ロボット技術検定機構では、当機構が主催する「ロボット検定®」を実施できる「準会場」認定を希望される団体を募集しております。対象は学校、民間スクール、教育団体、公共施設となります。
当機構の定める基準と条件を満たした施設を準会場として認定し、試験実施会場として指定致します。
準会場になることで、貴校の生徒様が普段お通いの教室でロボット検定を受験することができます。
また準会場であることを集客にご利用頂くこともできます。

準会場に関する申請や条件は以下のリンクをご覧ください。
ロボット検定準会場申請について
準会場申請書

お問合せやご相談は以下からご連絡ください。
https://robogiken.jp/inquiry/

新型コロナウィルスへの感染予防対策について

ロボット技術検定機構は、2021年度も新型コロナウィルスへの感染拡大・感染予防対策を取り、ロボット検定を開催いたします。
検定開催にあたり各会場において以下の通り新型コロナウイルス感染予防対策を取り、受験者の皆さまの安全確保に努めます。
受験生・保護者の皆さまにもご協力をいただくことになりますが、何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

検定会場で行う感染予防対策
・試験監督、試験スタッフはマスク着用・手洗いを実施し、衛生管理を徹底します。
・試験監督、試験スタッフにはヘルスチェックをおこなわせ、健康状態に問題がないことを確認いたします。検温の結果、37.5度以上の熱があるときは勤務いたしません。
・会場入口に設置するアルコール消毒剤で、手指の消毒をしていただきます。
・受験者の皆さまにもマスクの着用をお願いいたします。
・感染防止のため、受験者間の座席間隔を確保して実施いたします。
・試験会場内では各試験前後に換気をおこないます。
・会場内で受験者が触れるタブレット、PC(キーボード・マウス)、ドアノブ、  
 机、椅子等を消毒いたします。
・保護者の控室の設置はございません。
・会場にて受験者にもヘルスチェックをおこなっていただきます。
 下記のヘルスチェックに1項目でも該当する場合は、当日の受験をお断りする 
 場合があります。
 □37.5度以上の熱がある
 □咳が止まらないなど当日具合が悪い場合
※試験中に激しい咳が続くなどの症状が出て、他の受験者様への影響が懸念される場合は、試験監督の判断により個別に「退出」を指示させていただく場合があります。

試験会場にお越しになる受験者・保護者様へのお願い
・ご家庭にて必ずヘルスチェックをおこなってください。
 下記のヘルスチェックの結果で1項目でも該当する場合は、当日の受験をご遠慮ください。
 □現在新型コロナウィルスの陽性者である
 □濃厚接触者の疑いがある、または健康観察の対象である
 □当日ご自宅で体温を計測し、37.5度以上の場合
 □強い倦怠感や息苦しさを感じる、咳が止まらないなど当日具合が悪い場合
 □感染拡大している国や地域への渡航歴が14日以内にある場合
 □同居する人が以上の各項目にあてはまる場合
 □新型コロナウィルスと診断された人と2週間以内に会った場合

・必ずマスクをご持参してください。
 ※マスクをご着用いただけない場合、受験を控えて頂きます。
・会場入室時に消毒液で手の殺菌を行ってください。
・飛沫飛散防止のため、受験会場での必要外の私語はご遠慮ください。
・感染防止の観点で、以下の持ち込みを許可いたします。 
 アルコールティッシュ、ビニール手袋(透明)
・保護者の皆さまの会場への入室・待機はご遠慮ください。

キャンセルポリシー
※上記のヘルスチェックに該当することから受験を断念する場合はキャンセルを承ります。
・検定当日のキャンセルの場合
 ⇒受験料返金なし
・検定実施日の前日~3日前までにキャンセルのお申し出があった場合
 ⇒受験料の50%を返金
・検定実施日の4日前までにキャンセルのお申し出があった場合
 ⇒受験料の全額を返金