2019年度第2回ロボット検定が実施されました。(10/ 6開催)

2019年度の第2回ロボット検定For EV3及びFor WeDo試験が2019年10月 6日(日)に開催されました。
北海道、宮城、茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、石川、静岡、愛知、大阪、兵庫、奈良、広島、福岡、熊本、大分、鹿児島、沖縄、ベトナムのロボット検定認定会場で2,060名の小中高生が受験しました。
For WeDo試験では新たに1級が実施され、早くも1級を合格した小学生が全国に誕生しました。

For WeDo 試験の様子
For EV3試験の様子

For WeDo試験
試験時間は40分。3級は知識問題(選択問題)70点と実技問題(組立て)30点、2級と1級は知識問題(選択問題)30点と実技問題70点(組立て30点、プログラミング40点)が出題されました。100点満点中70点以上で合格となります。
結果は以下の通りです。

 平均点(100点満点)合格率
3級74.669.8%
2級70.165.7%
1級79.072.9%

初受験者では特に組立て問題で些細な間違いが見られました。パーツを取ける位置、向き、長さが少しでも違うと減点になりますが、その間違いに気付かない受験者が多かったようです。モデル通りに組み立てる練習をして欲しいと思います。2級以降の実技問題は組み立てたモデルを動かす問題となっており、プログラム作成の基本の理解が試される問題が出題されました。普段何となくアイコンを並べることで動いていても、問題で問われた通りに動かすには、アイコンを順序通りに正確に並べる必要があります。今回間違えてしまった受験生は、アイコンの並べる順序を復習して、今後その点を意識してプログラムを作成してください。初実施の1級では高い合格率となりました。次回の検定は2020年3月19日(祝)に実施されます。

For EV3試験
試験時間3級、準2級は60分、2級、準1級、1級は90分。知識問題20点、実技問題80点(組立て40点、プログラミング40点)が出題されました。100点満点中70点以上で合格となります。
結果は以下の通りです。

 平均点(100点満点)合格率
3級74.768.0%
準2級74.165.1%
2級65.353.6%
準1級74.764.0%
1級54.250.0%

3級、準2級は例年よりも低い合格率となりました。初受験者に共通する解答の記入の仕方に不備があることから、減点となった受験生が見受けられました。また指定されたポートと逆向きに組み立てているケース、プログラム内に余分な動きを入れているケースもありました。プログラムは問われた動きを基本通り最低限のアイコンを並べる意識を持ち解答して欲しいと思います。      
2級では知識問題で失点をする受験生が多くいますが、頻出のギア比、センサーに関する問題など、過去問を数年分確認し対策を取ってください。
準1級、1級でのロボットの組立て問題ではモデルがなく、指定された条件でロボットを作成する自由制作になります。問われた条件を理解し限られた時間内で具現化する練習を行ってください。2級以降の実技問題では基本レベルを超える問題が出題されますが、基本問題を確実に得点することで各級合格を目指せます。出来なかった問題を復習して、次の挑戦につなげてください。次回は2020年4月19日に実施されます。

2級実技試験の様子

2019年度第1回ロボット検定For EV3が実施されました。(4/21開催)

2019年度の第1回ロボット検定For EV3試験が2019年4月21日(日)に開催されました。
北海道、宮城、茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、兵庫、奈良、広島、福岡、熊本、大分、鹿児島、沖縄のロボット検定認定会場で571名の小中高生が受験しました。

試験の様子①

試験の様子②

試験時間3級、準2級は60分、2級、準1級は90分。知識問題20点、実技問題80点(組立て40点、プログラミング40点)が出題されました。100点満点中70点以上で合格となります。 結果は以下の通りです。

平均点(100点満点) 合格率
3級 75.1 71.1%
準2級 69.3 50.3%
2級 62.9 48.1%
準1級 40.0 16.7%

今回は準2級で例年よりも低い合格率となりました。 組み立て書で示されたロボットの進行方向を確認できていないことが原因でプログラムの問題をすべて間違えてしまった受験生が多くみられました。 前進=モーター順回転(⇑)と覚えてしまっているようですが、モーター設置の向きにより順回転でも後進することを確認した頂きたい所です。 2級の変数を扱う問題の正解率は上昇していますが、変数そのものの理解と変数アイコンの使い方に関しては継続した学習が必要です。 準1級では知識問題で得点出来ていない傾向が見受けられました。

2018年度第2回ロボット検定が実施されました。(9/30開催)

2018年度の第2回ロボット検定For EV3及びFor WeDo試験が2018年9月30日(日)に開催されました。 北海道、宮城、茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、石川、静岡、愛知、大阪、兵庫、奈良、広島、福岡、熊本、大分、鹿児島、沖縄のロボット検定認定会場で1908名の小中高生が受験しました。 For WeDo試験では新たに2級が実施されました。 For WeDo 試験の様子 For EV3 試験の様子 For WeDo試験 試験時間3級、2級は40分。3級は知識問題(選択問題)70点と実技問題(組立て)30点、2級は知識問題(選択問題)30点と実技問題70点(組立て30点、プログラミング40点)が出題されました。100点満点中70点以上で合格となります。 結果は以下の通りです。
平均点(100点満点) 合格率
3級 74.0 76.3%
2級 66.7 58.0%
初実施の2級では低い合格率となりました。 組立て問題ではパーツ違い、向きの違い、差し込む箇所の微妙なずれによる失点が見られました。プログラミングの問題ではアイコンを並べる順番の間違いが一番多い間違いでした。 For EV3試験 試験時間3級、準2級は60分、2級、準1級、1級は90分。知識問題20点、実技問題80点(組立て40点、プログラミング40点)が出題されました。100点満点中70点以上で合格となります。 結果は以下の通りです。
平均点(100点満点) 合格率
3級 80.1 81.0%
準2級 71.2 67.8%
2級 57.4 32.0%
準1級 54.5 40.0%
1級 67.5 75.0%
2級では例年よりも低い合格率となりました。 特に変数を扱う問題の正解率が低くなっています。 変数そのものの理解と変数アイコンの使い方の学習不足が見受けられます。 準1級、1級ともに実技問題では健闘している中、知識問題で得点出来ていない傾向がありました。

2018年度第1回ロボット検定が実施されました。(6/24開催)

2018年度の第1回ロボット検定For EV3及びFor WeDo試験が2018年6月24日(日)に開催されました。 北海道、宮城、茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、石川、静岡、愛知、大阪、兵庫、奈良、広島、福岡、大分のロボット検定認定会場で1436名の小中高生が受験しました。 今回から小学低学年を対象としたロボット検定For WeDo試験が実施され、小学1年~2年生1,009人がFor WeDo3試験3級に挑戦しました。 For WeDo 試験の様子の様子 For EV3 試験の様子の様子 For WeDo試験 試験時間3級、2級は40分。3級は知識問題(選択問題)70点と実技問題(組立て)30点、2級は知識問題(選択問題)30点と実技問題70点(組立て30点、プログラミング40点)が出題されました。100点満点中70点以上で合格となります。 結果は以下の通りです。
平均点(100点満点) 合格率
3級 83.7 88.2%
初実施ではありましたが、受験者は事前に受験対策問題でしっかりと学習されていました。 「テスト」そのものは初めての生徒も多いことから、回答の仕方で失点しているケースが見られました。 For EV3試験 試験時間3級、準2級は60分、2級、準1級、1級は90分。知識問題20点、実技問題80点(組立て40点、プログラミング40点)に挑戦しました。100点満点中70点以上で合格となります。 試験の結果は以下の通りです。
平均点(100点満点) 合格率
3級 81.2 84.1%
準2級 81.2 88.1%
2級 69.5 63.5%
準1級 56.1 42.9%
1級 80.0 100%
例年に比べ高い合格率となりました。 1級では受験者数が少ないこともありましたが、全員合格という素晴らしい結果となりました。 次回は9月30日を予定しております。

2017年度第2回ロボット検定For LEGO® MINDSTORMS® Education EV3 が実施されました。

2017年度の第2回ロボット検定For LEGO® EV3検定が2017年9月24日(日)に開催されました。 東京、神奈川、千葉、埼玉、宮城、茨城、新潟、愛知、奈良、福岡、大分の全27のロボット検定認定会場で365名の小中高生が受験しました。 3級、準3級は60分、2級から1級は90分の試験時間で知識問題、実技問題に挑戦しました。100点満点中70点以上で合格となります。 当日の検定会場の様子① 当日の検定会場の様子② 当日の検定会場の様子③ 今回の結果は以下の通りです。
平均点(100点満点) 合格率
3級 80.2 82.3%
準2級 83.7 87.1%
2級 72.4 64.6%
準1級 43.6 22.2%
1級 45.0 0%
3級、準2級は例年よりも高い合格率となりました。 一方正答率は3級、準2級ではギアの回転・知識を問う問題、2級では変数を使用する実技問題で正答率が低い結果が出ました。こちらは頻出の出題内容ですので過去問等でしっかり対策を取ってください。 またパーツの知識を問う問題では役割は分かっても名称を理解していない解答も多く見受けられました。 今回準1級で4人の合格者が出ましたが、1級では残念ながら合格者は出ませんでした。 準1級、1級ともに実技問題では健闘している中、知識問題で得点出来ていない傾向がありました。 弱点を克服してまたの挑戦をお待ちしております。 次回は2018年の実施を予定しております。

2017年度第1回ロボット検定For LEGO® MINDSTORMS® Education EV3 が実施されました。

2017年度の第1回ロボット検定For LEGO® EV3検定が2017年6月18日(日)に開催されました。 東京、神奈川、千葉、埼玉、宮城、茨城、新潟、愛知、奈良、大阪、大分のロボット検定認定会場で347名もの小中学生が受験し232名が合格しています! 当日の検定会場の様子   試験は筆記問題と実技問題で構成され、100点満点中70点以上で合格となります。 今回の結果は以下の通りです。
平均点 合格率
3級 76.2 69.7%
準2級 72.1 69.9%
2級 66.5 56.4%
準1級 59.3 28.0%
1級 30.0 0%
3級では解答用紙への記入ミスで失点しているケースが見られました。 また全級を通じて用語、パーツの名称の確認不足が多いようです。 過去問等でしっかり対策をして、次の級を目指して欲しいです。 次回は2017年9月24日(日)に実施を予定しております。 またの挑戦をお待ちしております。  

ロボット検定For LEGO® MINDSTORMS® Education EV3 実施結果

ロボット検定For LEGO® MINDSTORMS® Education EV3が2016年10月23日(日)に開催されました。 東京、神奈川、千葉、埼玉、宮城、愛知、茨城、奈良のロボット検定認定会場で302名もの小中学生が受験し160名が合格しています!   当日の様子   img_1219img_7324   今回の合格率は以下となります。 3級試験合格率:54.8% 準2級試験合格率:52.5% 2級試験合格率:50.0% 準1級試験合格率:45.5% 次回は2017年6月に実施を予定しております。 またの挑戦をお待ちしております。

ロボット検定For C 開催予定

ロボット検定For C 開催日: 2016年7月10日(日)13:00~16:00 ※12時15分より受付開始 会場: 川崎市産業振興会館 受検対象者: 中学生以上一般、技術者。 定員: 50名 受検料: 受検料:¥ 13,500(税別) (検定料7,500円 検定キット料6,000円)※検定キットはお持ち帰り頂けます。 Arduino Uno R3をお持ち込みの場合、検定料:¥10,500(税別) 出題内容: メカトロニクス、エレクトロニクス、ソフトウェアの基礎知識を必要とする実技問題 募集期間: 2016年5月21日(土)~7月5日(火) 主催: 一般社団法人ロボット技術検定機構

2016年第2回ロボット検定For LEGOⓇ 受験申込み開始。

ロボット検定For LEGOⓇ MINDSTORMSⓇ Education EV3が2016年10月23日(日)に開催されます。

今やロボット産業だけでなく、自動車、家電、医療、福祉など多方面で不可欠なロボット技術。

この検定では、知識だけではなくロボットの組立て、プログラミングスキルが必要となるため、応用力や実践的な総合力が試されます。

皆さんの挑戦をお待ちしております。
申込み受付期間。2016年9月10日(土)~10月20日(木)

試験の詳細・お申込みはこちらから。

教育用ロボットを使用した社員研修を実施しました。

平成28年4月22・23日、株式会社セキュア様にて教育用ロボットを使った社員研修を実施しました。 今回の研修のねらいは、 ・想像力の育成 ・プロジェクトマネジメントの体験 ・社員間のコミュニケーションの活性化 ・IoT(Internet of Things)を体験する 以上4点でした。   研修プログラムは、3人1組でチームを作り2日間で「ロボット競技会」において高得点を取る、 チームマネジメントの成果をプレゼンテーションするという内容でした。
  ロボット「教育版レゴ マインドストームEV3」を使うことで、 始めての方でも「プログラミング」、「制御する仕組み」をすぐに実践できました。     競技会では国際的なロボット競技会「FLL(ファースト・レゴリーグ)」のフィールドを使用。  
新宿本社オフィスが研修会場 部署混成3人で1チーム。 部署の垣根を超えたコミュニケーションも研修の目的。
 
競技フィールドの前でチームでの戦術のミーティング。 どこで得点し何を捨てるのか・・・。 ビジネスさながらの議論が! 競技会直前の最終調整。真剣そのものです。 どうしたらミスを防げるのか、リスク管理が話の焦点。
 
                  競技会では大歓声、拍手、笑い、溜息で大いに盛り上がりました。
   
競技会後はチームでのプレゼンテーション。 2日間の活動の総括を全チームが行いました。 表彰式。「総合」、「ロボット」、「プレゼン」、 「チームワーク」で表彰を行いました。